ダイキンエコキュートのエラーを解除するには?解除方法から修理の予算まで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンなど、数々の電化製品で高い知名度を誇るダイキン。そんなダイキンはエコキュートも数多く販売していますが、もしエラーが出た場合、どのように対処するべきか、ご存知でしょうか。

エラーが出ると、「お湯が使えなくて困る…」と焦ってしまう方がほとんどだと思います。しかし、何も知らずに操作してしまうと余計対処が遅れてしまうことも。

ダイキンのエコキュートは湯音を一定に保つ機能があったり、ボタン1つで細かい温度調節ができたりするなど機能性に長けていますが、「エラーコード」と呼ばれる警報を発することもしばしば。急なエラーにはつい驚いてしまいますが、実はこのエラーは自分で対処して解除することも可能です。

ここからはダイキンのエコキュートでエラーが出た時の解除方法や、修理が必要になった時の予算まで詳しくご紹介します。この記事を読めば、そんなエラー時にどのように対処すべきか知識をつけておくだけで、落ち着いて向き合うことができるでしょう。

エラーコードとは

まずエラーコードと呼ばれるものについて、簡単にご説明します。

1-1. ダイキンエコキュートのエラーコードとは

エラーコードは、文字通りエラーを示すコードです。「P01」のように1つのアルファベットと、数字で表されます。

ただしダイキンのエラーコードの中には、アルファベット2文字だけのものもあります。このエラーコードはメーカーごとに設定されており、文字列によって異なる意味を持ちます。

例えばダイキンのエラーコードをいくつか例に挙げて見ましょう。

「C15」は高温の湯はり温度を検知したというシステムエラーです。また「E8」はヒートポンプユニットにおけるエラーを意味しています。

このように、エラーコードが出ることによって、エコキュートのどこに不具合があるのか知ることができます。

1-2. ダイキン製エコキュートのエラーコード

ではダイキンのエコキュートにはどのようなエラーコードがあるのでしょうか。エラーコードの一覧はダイキンの公式ホームページで確認することができます。

ダイキン公式ホームページ

また、お使いのエコキュートの取扱説明書がある場合は巻末にエラーコード一覧がついています。ホームページ、もしくは取扱説明書で確認しましょう。

1-3.  表示される場所

エラーコードは台所にあるエコキュートのリモコン、もしくは浴室リモコンに表示されます。片方だけに表示されることもあれば、両方に表示されることもあります。

また、エラーコードが出ている最中はエコキュートが正常に稼働しません。何度も再起動して無理にわき上げを行ったり、お湯が出ないにもかかわらず給湯ボタンを押したりすることは危険です。

エコキュート全体が故障してしまう可能性もあるので、無理な稼働は控えましょう。

1-4. 考えられるエラーの原因

ダイキンエコキュートのエラー表示には、さまざまな原因が考えられます。一般的なものは以下のような原因です。

  • 部品の劣化によるエラー
  • 操作ミス(水栓閉め忘れ)などによるエラー
  • 設置ミスによるエラー(※設置後すぐの場合)
  • 凍結など天候によるエラー
  • 寿命が近く、エコキュート自体が故障しているエラー

このようにエラーの原因は複数考えられます。ご自身での特定は難しいですが、先ほどご紹介した公式ホームページでエラーコードを探すと、何が原因となっているのか分かります。

エラーコードに適した対処を行いましょう。

ダイキンエコキュートのエラー解除方法

自身での対処や修理を行う前に、まずはエコキュートのリモコンに表示されているエラーを一度解除する必要があります。ここからはエラー解除の方法についてご紹介します。

2-1. ダイキンエコキュートのエラー解除方法 

ダイキンのエコキュートでエラーを解除する方法はリモコンと本体で異なります。それぞれのエラー解除手順は以下の通りです。

【エコキュートのリモコンで行うエラー解除方法】

  1. 「決定」ボタンを押す

【エコキュートの本体で行うエラー解除方法】

  1. 漏電遮断器を「切」の状態にする
  2. 1~2分ほど経ってから、漏電遮断器を「入」に戻す

上記の手順でダイキンのエコキュートはエラー解除できます。

本体の漏電遮断器は、貯湯タンクの側面についていることがほとんどです。分からない場合は取扱説明書に場所が記載されています。

また漏電遮断器は、普段はカバーで隠れています。エラー解除を行う際は、カバーを開けてから試みてください。

2-2. エラー解除できない場合もある

ご紹介したエラー解除を試しても、エラーが消えない場合もあります。また一度はエラーが消えたものの、数分後にまた同じエラーが出てしまうことも少なくありません。

この場合は、原因に基づいた本格的な対処が必要です。

ダイキンの公式ホームページに記載のエラーコード一覧表を確認するか、取扱説明書でエラーコードの原因と対処法を調べましょう。

自身で対処できるものもあれば、エコキュートの専門業者に修理を依頼しなくてはいけない場合もあります。

エラーが解除できないときの対処法と修理費用

エラーコードに合った対処を試しても、自分ではどうにもならないケースもあります。ここからはその場合の対処法と、修理費用についてご説明します。

3-1. エコキュートの修理業者に早めの相談を

エラーの出ているダイキンエコキュートを放っておいても、エラーが解除されることはありません。また、そのまま使用することもできない場合がほとんどです。

そのため自身でエラー解除ができなかった場合、あとはエコキュートの修理業者を呼ぶしかありません。

メーカーの保証期間内であれば、修理が無料になるのでダイキンに直接修理依頼をしましょう。

もし保証期間が過ぎている場合は、メーカーに限らず実績のあるエコキュートの修理専門業者に依頼するのもおすすめです。エコキュートの修理専門業者の選び方は後程詳しくご紹介します。

3-2. 部分的な修理の費用相場

「エラーコード=故障」といったイメージがある方もいるかもしれません。しかし、実際は簡単な部品交換だけで修理が完了するケースも多いのです。

エコキュートの寿命は約10~15年長く使っていれば寿命で故障してしまうことはあっても、10年未満のものは部品交換で使えるようになる可能性が高いです。

ちなみに部品交換にかかる費用は約2~6万円とされています。これは技術代や交換費用込みの価格です。

また、部品交換だけなら即日修理してもらえる可能性が高いです。さらに30分~1時間半程度の修理で完了することがほとんどとされています。

3-3. 基盤の費用相場

部品といっても、エコキュートの中心となる基盤そのものを交換する場合には、少々費用が多くかかります基盤の交換にかかる予算はおよそ15万円

また基盤を交換する場合、エコキュートを持ち帰って修理をするケースもあります。そうなると代替機を借りて使用するなどといった対処が必要です。

エコキュートの寿命が近い場合は、基盤を交換して使い続けるよりも、本体ごと買い替える方がお得なケースもあります。

3-4. ダイキンエコキュート全体の買い替え費用相場

エコキュートが寿命を迎え、故障してしまった場合は買い替えが必要です。ダイキンエコキュートの本体価格は約25万円~50万円価格は安いものから高いものまでさまざまです。

給湯機能しかついていない「給湯専用エコキュート」は安く、追い炊きまで自動でこなせる「フルオートタイプエコキュート」の価格は高い傾向にあります。

価格と機能を比較し、自身に合ったものを選びましょう

3-5. ダイキンエコキュート取り換え工事の費用相場

さきほどダイキンエコキュートの本体費用についてご紹介しました。

エコキュートを買い替えるとなると、かかるのは本体費用だけではありません。工事費や人件費、技術代、廃棄代などあらゆるお金がかかります。

こうしたものはおよそ15~20万円とされています。つまり30万円のエコキュートを購入した場合、工事費込みで約45~50万円ということです。

ただしこの金額は以前と同じタイプのエコキュートを設置した場合の価格です。新たに追い炊き配管を通す工事や、基礎を作り直すといった工事がある場合はさらに料金が追加されます。

優良なエコキュート修理業者を選ぶには

エコキュートの修理を依頼する業者選びは非常に重要です。中には高額請求をしてくる悪質な業者もいます。

ここからは悪徳業者を避け、本当に優良な業者を選ぶための方法をご紹介します。

4-1. 複数業者を検討する

まず重要なのは、はじめから1社にしぼらないということです。多少面倒でも、複数の業者を比較検討しましょう。

これはご自身で相場の感覚を付けるためでもあり、より親切な担当者を選ぶためでもありますできれば3社以上から見積もりをもらい、それぞれを比較検討しましょう。

4-2. 見積もりが分かりやすい業者を選ぶ

見積もりをもらったら、どの料金がどれだけかかっているかを確認します。このとき見積もりの内訳が分かりやすい業者は優良業者といえるでしょう。

また、もし分からないことがあっても、聞けば詳しく教えてくれる業者なら安心です。悪徳業者の場合は内訳をごまかし、余分な費用を計上していることもあります。

無駄なオプションや請求額が含まれていないか確認しましょう。ちなみに、極端に見積もりが安い業者にも注意が必要です。

こうした業者は必要な費用を見積もりに入れず、当日請求してくるケースもあります。相場からかけ離れて安い見積もりには注意しましょう。

4-3. 対応の親切な担当者のいる業者を選ぶ

ちょっとした部品の交換ならすぐに業者を決めてしまってもいいかもしれませんが、大掛かりな修理工事が必要となる場合もあります。

そんなときには修理業者とのやりとりも多くなり、担当者との信頼関係も大切になります。

見積もりのやり取りをしている段階から担当者の態度をよく見ておきましょう返事が早く、こちらの質問に全て丁寧に答えてくれる担当者は信頼できます。

まとめ

ダイキンエコキュートのエラー解除についてご紹介しました。

ダイキンのエラー解除方法は、他のメーカーに比べて非常に簡単です。

まずは自身で解除を試し、その後でエラーコードに合った対処を行い、それでもだめなら修理業者に依頼するという流れを覚えておきましょう。

また、今回ご紹介した修理業者選びのポイントをおさえて、優良な業者に依頼することも重要です。

ぜひこの記事を参考に、お得な業者選びをして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気温水器・エコキュートのトラブルなら

電気温水器・エコキュートの水漏れ・修理・入れ替えなら、早い・安い・安心の関電グループ協力店「カンテック」へ。「当日お風呂使えるようにします」

【スピード対応!最短30分で到着!】
【365日24時間対応で、どんな種類の給湯器でも対応】
【関電グループのプロショップが対応】
【信頼できる安心施工】


エリア毎のお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*