エコキュートと電気温水器は何が違うの?違いを詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年よく耳にするようになった「エコキュ-ト」という言葉。 皆さんはエコキュートが一体どんなものなのか、ご存知でしょうか。

実際のところ、「高機能な感じはするけど、詳しいことは知らない。」という方が少なくありません。

しかし、それを知らずに給湯器の交換をしてしまうのはかなりリスキーです。エコキュートは給湯器の一種ですが、一般的な「電気温水器」と呼ばれるものとは明らかに異なる製品です。

ここからは、エコキュートと電気温水器の違いについて詳しくご紹介していきます。この記事を読めば、どちらがあなたにとって効率の良いものかが理解できることでしょう。

エコキュートって何?

まずエコキュートとは何なのか、その特徴について見ていきましょう。

1-1. エコキュートとは

エコキュートは、簡単に言うと「給湯器」です。

給湯器とは、お風呂や水道に温かいお湯を供給してくれる設備のこと。その中でも特に「大気熱」を利用する湯沸かし器のことを、総称してエコキュートと呼びます。

ちなみにこのエコキュートという名前は正式名称ではありません。この名前はニックネームのようなもので、正式には「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と呼びます。

1-2. エコキュートの役割

エコキュートの主な役割は、お湯を沸かして供給するということです。ちなみにただ供給するだけではなく、給湯に関するあらゆる機能を担っているのがエコキュート。

例えば、お風呂を一定の温度に保ってくれるのもエコキュートの役割です。指定した温度にお湯を調節する場合も、エコキュートならたし湯をせずに瞬時に温度調節を行えます

さらにエコキュートには学習機能も付いています。その人が使うお湯の量や、温度の傾向に沿って稼働してくれるのでその名の通り、「エコ」なのです。

1-3. エコキュートの設備

エコキュートの設備は、主に2つに分けられます。

ひとつはお湯を沸かすのに必要な「ヒートポンプユニット」というものです。

そしてもうひとつはお湯をためておく「貯湯ユニット」と呼ばれるタンク。これらを合わせると、エコキュートとしての機能を発揮します。

またこの2つの設備には色々なタイプがあります。設置する際には世帯ごとのお湯の使用状況などを参考にして決定するのが一般的です。

1-4. エコキュートの仕組み

エコキュートの湯沸かし技術についてもっと詳しく見ていきましょう。

エコキュートはCO2を利用してお湯を沸かします。自然にある大気熱をくみ取り、凝縮することによって高温化。それを蒸発・圧縮させながら上手く温かいお湯を循環させているのです。これは今までにない給湯の方法でした。

大気熱を利用することによってより給湯の効率がアップしているのが、エコキュートの特徴なのです。さらに貯湯ユニットでは常にお湯を循環させており、いつでも細かい温度調節に対応できます。

1-5. エコキュートのメリット

大気熱を使ってより効率的な給湯が可能となったエコキュ―ト。

もちろんお湯の循環に電気は多少使いますが、湯沸かしそのものを電気で行うものに比べてかなり消費電力が節減できます。さらに、ガスを使う給湯器とも違うので、有害物質が出る心配もありません

また学習機能も付いているので無駄な稼働はせず、使う人に丁度いい給湯をこころがけてくれます。お財布にもエコで環境にもエコな給湯器、それがエコキュートなのです。

従来タイプの給湯器は「電気温水器」

エコキュートのように、CO2を利用してお湯を沸かす給湯器が登場したのはつい最近のこと。それまでは全てを電気で稼働させていた「電気温水器」という給湯器が主流でした。

今もなお電気温水器を使用している世帯は少なくありません。そんな電気温水器について、エコキュートとの違いを詳しく見て行きましょう。

2-1. 電気温水器の設備

電気温水器は大きく2種類に分けることが出来ます。

一つは、大きなタンクで水を貯め、その中でお湯を沸かす「貯湯式」。もう一つは水管に水を通すことで瞬間的にお湯を沸かす「瞬間式」です。

貯湯式の場合はお湯の使用量に合わせたタンクが必要になります。一方、瞬間式の場合は貯湯式よりもコンパクトな水管を含む設備が必要です。

2-2. 電気温水器の仕組み

電気温水器は、その名のとおり電気でお湯を沸かします

電気温水器の内部には、水を温めるための電熱器を内臓。この電熱器がヒーターとなり、水を瞬時に温めてくれるのです。

2-3. 電気温水器のメリット

電気温水器が主流となる前は、ガスを利用した給湯器が一般的でした。しかしガスは時にガス漏れや不完全燃焼、さらに独特の匂いがするといった欠点がありました。

それに比べて電気温水器の場合は非常に安全性が高いのが特徴です。火を使わないので危険性もなく、ガスを燃焼しないため環境にもやさしいのが電気温水器のメリットです。

エコキュートと電気温水器との違いは?

現在流通しているエコキュートと電気温水器。一体どちらがどのように優れているのでしょうか

ここからは両者の違いについて見ていきましょう。

3-1. 仕組みと費用の違い

エコキュートと電気温水器の一番の違いは、「お湯の沸かし方」です。

エコキュートはCO2を利用して熱を作り出し、お湯を沸かします。それに対して電気温水器の仕組みは、電気の力でお湯を沸かすというものです。

そしてこの仕組みの違いにより変わってくるのが、月々の電気代です。

エコキュートは自然にあるものを利用しているので、エコである上に電気代の節約にもなります。実際のところ、エコキュートでかかる電気代は電気温水器の3分の1程度といわれています。

電気温水器は電気のみを利用してお湯を沸かすので電気代がかかる傾向にあるのです。

3-2. 設備の違い

設置する時に必要となるのが一定のスペースです。

エコキュートは先程ご説明したように、「ヒートポンプユニット」と「貯湯ユニット」という、主に2つの設備が必要です。

一方、電気温水器は「貯湯タンク」のみでOK。電気温水器の場合は水をタンクや水管の中で温めるので、エコキュートのようなヒートポンプユニットは必要ありません。

当然ながらその分、電気温水器の方が場所を取らない設計になっています。

3-3. オプション機能の違い

エコキュートも電気温水器も、どちらも給湯器の機能を持つことに変わりはありません。しかし給湯機能に加えてさらに便利機能を付けることが出来るのが、エコキュートの特徴です。

例えばお湯を沸かすだけでなく、パワーの強い高圧のシャワーを出す機能がオプション機能として開発されています。それだけでなく、お風呂にマイクロバブルを発生させる機能なども。

最先端の給湯器ともあって、任意で便利機能を追加することが出来るのです

3-4. 本体価格の違い

購入する際の本体価格にも違いがあります。結論から言うと、本体価格はエコキュートの方が高額です。

同じスペックのものを比較すると、電気温水器が15万円程度なのに対してエコキュートは30万円と、倍近くすることもしばしば。

何故エコキュートがこんなに高額なのかというと、ハイテクな技術を搭載しているというのがまず一点

CO2を使った給湯技術の他に、エコキュートには学習機能が搭載されています。これによりエコな給湯を実現できるので、月々のランニングコストは安くなる分、初期費用がかかってしまうのです。

3-5. 工事費用の違い

「エコキュートは設備自体も大きいし、工事費用も高くつくのでは?」そう思う方も多いでしょう。

しかし、エコキュートと電気温水器の取り付け工事費用は、家庭用で10万円~15万円程度が相場となっており、つまり工事用に関してはどちらも変わりません

また新規の取り付けではなく、従来のものと交換する場合には別途処分費用がかかります。20万円程度の取り付け・処分費用を見積もっておくとよいでしょう

エコキュートと電気温水器のメリット・デメリット

それでは最後に、エコキュートと電気温水器のメリットとデメリットをまとめていきます。実際に導入を検討する場合に、気になるポイントをおさえて紹介していきます。

4-1. 金額

まず本体価格に関しては、電気温水器の方が圧倒的に安いといえます。

しかしランニングコストでいえば、エコキュートの方が断然お得です。長く使っていく上では、エコキュートの方がコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

初期費用は少々かさむものの、月々の電気代でその出費を回収できるというのは非常に嬉しいポイントです。

しかもエコキュートは省電力で効率の良い給湯が出来るので、環境にも優しいというオプション付き。そのお得さと環境への優しさに惹かれてエコキュートに乗り換えるという人も少なくありません

4-2. スペース

「貯湯ユニット」と「ヒートポンプユニット」の両方が必要なエコキュートは、広めの設置場所が必要だとご紹介しました。

しかし電気温水器も、使用水量によってはかなり大きなタンクを設置しなくてはいけない場合があります。

さらに今ではエコキュートの「貯湯ユニット」でも奥行きが50㎝未満という薄型のものも登場しているのです。そのため、一概にどちらがスペースを取るかというのは言えません

家族の人数や、使用状況に応じて最適なものを選ぶのがベストといえるでしょう。

4-3. オプション

電気温水器は給湯機能のみですが、エコキュートには様々な便利機能が搭載されています。

エコキュート自体がお湯の使用状況を学習するという機能は特に、月々の節約に繋がります。電気温水器にはこうした学習機能がついていません。

さらにエコキュートは自動で内部洗浄が出来るというものもあります。タンクを使用する給湯器によくあるのが内部のサビや汚れの蓄積。そんな汚れを自分で洗浄してくれるのは非常に便利ですね。

このように様々なオプション機能については、エコキュートが断然優れているといえるでしょう。

まとめ

電気温水器とエコキュートの違いについてご紹介しました。

エコキュートはコスパも良く、環境にも優しい最新型の給湯器だということが分かりました。

一方で、電気温水器も電気さえ確保できれば湯切れすることなく稼働してくれる便利な給湯器です。

選ぶ際にはご自身の予算、お湯の使用状況、必要なオプション機能などを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気温水器・エコキュートのトラブルなら

電気温水器・エコキュートの水漏れ・修理・入れ替えなら、早い・安い・安心の関電グループ協力店「カンテック」へ。「当日お風呂使えるようにします」

【スピード対応!最短30分で到着!】
【365日24時間対応で、どんな種類の給湯器でも対応】
【関電グループのプロショップが対応】
【信頼できる安心施工】


 

エリア毎のお問い合わせはこちら

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*