日立エコキュートのエラーを解除するには?解除方法から修理の予算まで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの身の回りにある電化製品の中で、高いメーカーシェアを誇る日立。特に日立のエコキュートは2階以上でも水圧が衰えないなど、さまざまな独自の機能を備えています。

そんな高性能の日立製エコキュートですが、場合によっては不具合を起こすこともあることを、ご存知でしょうか。

実際のところ、エラーが起こってしまうと慌ててしまう…という方は多くいらっしゃいます。

しかし、エラーについてよく知らずに闇雲に対処してしまうと、危険が及ぶこともあります。エコキュートは不具合を感知すると、「エラー」がリモコンに表示されますが、このエラーを解除しないと、エコキュートは正常に使えずお湯も使えなくなるのです。

ここからは、日立エコキュートでエラーが出た時の解除方法についてご紹介します。この記事を読めば、いざという時にエラーが出ても効率よく対処する方法がわかることでしょう。

エラーコードとは

まずそもそも、エコキュートのエラーコードとは一体何なのでしょうか。はじめにエラーコードについて簡単にご説明します。

1-1. 日立エコキュートのエラーコードとは

エラーコードとは、エラーの内容や原因、対処法をお知らせするための文字列です。基本的には「HE01」といったような英語と数字の組み合わせで出来ています。

ちなみに、エコキュートのメーカーは数多くありますが、エラーコードはメーカー独自に設定しているものです。

つまり日立のエコキュートには、日立独自のエラーコードが設定されているということになります。

1-2. 表示される場所

エラーコードは、エコキュートのリモコンに表示されます。エラーが出るとエラーコードがリモコン上で点滅し、機種によっては音も鳴るので分かりやすいでしょう。

エコキュートのリモコンは台所付近とお風呂にそれぞれありますが、このエラーコードは基本的に両方のリモコンで表示されます。

そしてこのエラーコードを解除しない限りは、エコキュートが正常に動きません。場合によってはお湯が全く出なくなってしまう場合もあります。

1-3. 日立製エコキュートのエラーコード

では日立のエコキュートで表示されるエラーコードには一体どのようなものがあるのでしょうか。

厳密にいうと、日立のエコキュートに設定されているエラーコードは製品によっても微妙に異なります。お使いのエコキュートのエラーコードを調べるには、以下のページをご参照ください。

日立公式取扱説明書ダウンロードページ

これは日立公式ホームページで、製品ごとの取扱説明書をダウンロードできるページです。

お使いのエコキュートを選択し、その取扱説明書内に書かれているエラーコードを確認しましょう。エラーの原因や、解除方法などが記載されています。

1-4. 考えられるエラーの原因

日立エコキュートのエラーにはあらゆる原因が考えられます。例えば以下のようなものです。

  • 部品の経年劣化によるエラー
  • エコキュートの寿命によるエラー
  • 凍結など自然現象によるエラー
  • 栓の閉め忘れなど操作ミスによるエラー
  • 設置時のミスによるエラー

特に多いのは、1番目の部品の経年劣化によるエラーでしょう。

エコキュートは通常、10~15年が寿命とされています。しかしその内部には数年で劣化してしまう消耗部品も数多くあるのです。

エコキュートの点検は3年に1回とされる理由はそこにあります。ちょっとした部品が劣化することで、エコキュートは不具合を感知し、エラーを表示します。

日立エコキュートのエラー解除方法

それでは日立エコキュートでエラーが表示されたら、どのように対処すればよいのでしょうか。ここからは解除方法を具体的にご紹介します。

2-1. 日立エコキュートはエラーの矯正解除ができない

日立のエコキュートは、エラーを強制的に解除することはできません。いずれのエラーにも根本的な対処が必要となります。

ただし中には自分で対処して直せる場合もあるので、これからご紹介する手順をまずはお試しください

2-2. E15エラーコードが出ている場合

E15エラーコードが出ている場合は、自分でエラー解除できる可能性があります。E15エラーで考えられる原因は以下の2つです。

  • 断水している
  • タンクに水が供給されていない

もし断水している場合は、断水終了を待つしかありません断水していない場合はタンクに水を送るための栓が閉じている可能性があります。

「給水配管専用止水栓」を全開にし、エラー解除されるか確かめてください。「給水配管専用止水栓」の場所は、取扱説明書に記載されています。

2-3. C23エラーコードが出ている場合

C23エラーコードが出ている場合もまた、自分でエラー解除できる可能性があります。C23エラーで考えられる原因は以下の通りです。

  • 浴槽の排水栓が抜けている
  • 浴槽の排水栓をふろ自動運転中に抜いた
  • ふろ自動運転中に大量のお湯を使用した
  • ふろ循環アダプターのフィルターが詰まっている

このうち、①②が原因の場合は浴槽の排水栓を閉じることでエラー解除できます。また③の場合はお湯の使用をやめ、しばらく待ちます。

これら全てに当てはまらない場合は、浴槽にある循環アダプターのフィルターを掃除してみましょう。目詰まりが解消され、エラーが解除できる可能性があります。

そしてこれらを試した後は、再び「ふろ自動」ボタンを押してくださいエラーが解除され、通常通りに使用できるようになります。

2-4. そのほかのエラーコードが出ている場合

E15・C23以外のエラーコードが出ている場合は、業者による点検と修理が必要です。

ただしまれに、エコキュートをリセットすることでエラーが解除できる場合があります。日立エコキュートのリセット方法は以下の通りです。

  1. 漏電遮断器を「切」の状態にする
  2. そのまま1~3分待つ
  3. 漏電遮断器を「入」の状態に戻す

つまり主電源を落とし、再起動するという方法です。もしそれでも同じエラーが再び表示される場合は、専門業者に修理を依頼しましょう。

エラーが解除できないときの対処法と修理費用

これまでご紹介した方法を試しても、エラー解除ができない場合もあります。ここからはそんなときの対処法や、修理費用の目安についてご紹介します。

3-1. エコキュートの修理業者に早めの相談を

エラーを解除せずに放置しておくと、当然ながらお風呂に入れなくなってしまいます。かといって、エラー解除を行わずに無理やりエコキュートを稼働さるのも危険です。

リセットを何度も行う行為や、無理に稼働させることは、エコキュートの寿命を縮めてしまいかねません。

自分でエラー解除ができないと判断したら、すみやかに専門業者に修理を依頼しましょう。

ちなみに日立製エコキュートには、メーカー保証期間がついています。この期間内であれば修理は無償です。

お使いのエコキュートが保証期間内かどうかを確認し、もし保証期間内であればメーカーに直接問い合わせてみましょう。

3-2. 部分的な修理の費用相場

ここからは実際の修理にかかる費用相場についてご紹介します。日立エコキュートのエラー解除において、もっとも多いのは部品交換の修理です。

内部にある弁やパッキンなどといった部品は、意外と寿命が短いもの。すぐに劣化してしまい、こうした部品がエラーの原因となっている可能性があります。

部品交換にかかる費用はおよそ2~6万円。簡単な部品であれば数千円で交換できる場合もあります。

このように日立エコキュートは、そこまでお金をかけずに修理することもできます。まずは見積もりをもらってみるのも1つの手でしょう。

3-3. 基盤やコンプレッサーの費用相場

日立エコキュートの中で最も高い部品は基盤やコンプレッサーです。こうした部品はエコキュートの核となるもので、精密機械として扱われます。

そのため、部品といってもこうしたものの交換には少々お金がかかります。基盤やコンプレッサーの交換にかかる予算はおよそ15~20万円

また、すぐに治せるものではないので業者が持ち帰り修理を行うことも少なくありません。その間は代替機を借りて生活することになります。

ただし15万円を超える修理となると、場合によってはエコキュートの本体を丸ごと交換する方がお得なこともあります。

残りの寿命が短い場合は特に、高いお金で修理するよりも新しいものへの買い替えを検討した方がお得かもしれません。

3-4. 日立エコキュートの本体買い替え費用目安

では日立のエコキュートを買い替えるとなると、一体いくらかかるのでしょうか。日立エコキュートの本体価格はおよそ25万円~50万円です。

機能がシンプルで、かつ容量が少ないほどエコキュートは安い傾向にあります。最も安いのは給湯専用タイプと呼ばれる、給湯のみの機能に絞ったエコキュートです。

そして最も高いのは、追い炊きのほかにエコ機能がついたフルオートタイプのエコキュートです。

元々お使いのエコキュートがどのタイプだったか確認し、同じ機能を持つ製品を導入することをおすすめします。

3-5. 日立エコキュート取り換え工事の費用相場

本体を取り換えるということは、当然設置工事を伴います。また設置だけでなく、既存のエコキュートを撤去してもらうことも必要です。

こうした交換に伴う工事費用は、15~20万円程度が目安とされています。本体価格に加えて、こうした費用がかかることを忘れないように注意しましょう。

まとめ

日立エコキュートのエラー解除方法についてご紹介しました。

日立エコキュートは非常に高性能な反面、些細な不具合も自ら敏感に察知します。

エラーコードが出ても慌てず、今回ご紹介した流れに沿って対処法を確認しましょう。

また自分でエラー解除できないことも少なくありません。その場合はぜひ、信頼できる業者を見つけて修理を依頼して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気温水器・エコキュートのトラブルなら

電気温水器・エコキュートの水漏れ・修理・入れ替えなら、早い・安い・安心の関電グループ協力店「カンテック」へ。「当日お風呂使えるようにします」

【スピード対応!最短30分で到着!】
【365日24時間対応で、どんな種類の給湯器でも対応】
【関電グループのプロショップが対応】
【信頼できる安心施工】


エリア毎のお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*